top of page
検索
  • 執筆者の写真西村りく

あらためて帯状疱疹ワクチンと自転車ヘルメットへの補助などを求める緊急要望

府中市議会議員 西村りくです。


公明府中議員団は、6月26日最終日の本会議の合間に高野律雄府中市長を訪問し、

『市民の生命を守る施策の早期実現を求める緊急要望』を提出しました。



昨今、市民より多く寄せられている3点について、いずれも東京都の方針に盛り込まれた施策であることも踏まえ、府中市として速やかに実施するよう求めました。以下概要。


①帯状疱疹ワクチン接種の公費助成は今回2回目の要望として、速やかな実施とともに、都の2分の1補助を利用して市民の自己負担を軽減し、接種率を上げるためにも具体的な助成金額を示しました。


②自転車用ヘルメット着用が努力義務となり、東京都でヘルメット購入費用が補助対象となったことを受け、府中市もこれを活用して助成することを求めました。


③大規模水害時における都営住宅等を活用した緊急用スペース確保のための協定を東京都と締結するよう求めました。


こちらが要望書です。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page