top of page
検索
  • 執筆者の写真西村りく

帯状疱疹ワクチンの予防接種費用助成を求める要望書を提出!

府中市市議会議員・西村りくです。

2月3日、公明府中として高野律雄府中市長に要望書を提出しました。

多くの方から声があり、各議員による議会質問や次年度予算への要望書でも取り上げて来た重要なテーマです。

帯状疱疹は、過去に水痘に罹患した人が、加齢やストレスなどの免疫力低下により、体内に潜伏していた水痘・帯状疱疹ウイルスが活性化することで発症する皮膚疾患です。成人の90%以上は帯状疱疹の原因となるウイルスが体内に潜んでいるとされ80歳までに約3人に1人が罹患すると言われています。

発症を予防するためにはワクチンが有効ですが、費用が高額になることから接種を諦める人も少なくありません。

今回、都議会公明党の推進で東京都が2分の1の補助事業を行うことを受け、

①府中市でも早期に実施すること ②市独自の助成額の上乗せについて要望しました。

市民の暮らしと健康にプラスとなるよう、引き続き取り組んでまいります。


閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page