©2019 by 府中市議会議員 西村りく. Proudly created with Wix.com

政治家を志したきっかけ

父の事業破綻や母との離別、そして経済的にもとても苦しかった青少年時代を過ごし、工業高校から国立大学へ。
デザインと出会い、ただその道を極め、20年間一流の舞台の最前線で戦ってきましたが、ある時、恩人からのお声掛けにより思いもよらぬ政治の道を示されたことが縁となり、悩み抜いた結果、第二の人生を選択しました。
「誰のおかげで今の自分があるのか?」
自身の青少年期を振り返り、ここまで励まし、育ててくれた恩師や友人、同志、親族への恩返し。政治とは、大衆福祉の追求であり、社会の課題と1人の不幸を解決するべきものとの確信。政治の世界でも、自分の磨いて来た能力が十分に活かせるはずだという新たな可能性など、こうした思いがひとつに融合し、新たな志を固め精進していくことを決意しました。